FC2ブログ

プロフィール

ran

Author:ran
なまえ:ran=ラン=
九州出身、東京在住の30代主婦、4歳の小僧保有??
ビルや人が多い都会の暮らしに、田舎モノのランさんは、少々お疲のもよう!?
東京での活動の様子や、木のおもちゃ・絵本などの紹介、乳幼児のココロとカラダの発達について、ランの子どもの様子などなど、ココロに写りゆくよしなしゴトを、つれづれなるままに更新予定。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ランの住む杉並区には、独自の子育て施策として
「杉並子育て応援券」なるものが存在します。
無償で配布されるタイプと、プレミア付きの有償のタイプがあり、
様々なサービスに利用できる商品券のようなもので、
私もこの応援券が利用できる事業者として登録しています。

しかし、昨年この事業に大幅な見直しが入りまして、
一部サービスについては、廃止もしくは制限が設けられることなり、
関連するサービスを提供している事業者は、登録の再申請・再承認が必要となりました。

と、ゆーコトで、対象者への事務説明会に出席するべく、
久しぶりに杉並区役所にいってきました。
病院や役所は苦手ですが、そんなコトはいってられません。

そもそも、この子育て応援券事業は、
『子育て家庭と地域をつなぐ』という目的で始められました。
2009年の事業開始以来、様々に普及してきたのですが、
今回は、事業開始当初の目的に立ち返る、ということのようです。

実際に、来年度からの見直し内容としては、
お習い事やお稽古事、知能の早期教育・知育が主目的のサービスが対象外になるほか、
月謝制の参加者が固定されるものは、期間制限が設けられるとのことです。

『複数の親子の出会いと交流、きっかけづくり』という事業の趣旨からは
少し外れてしまう、という判断なのでしょう。
税金が使われているだけに、子育てとは無縁の区民の方々を
納得させられる内容であることが求められているのかもしれません。

【あそびのアトリエ リボンクラブ 東京杉並ルーム】が行っている
人形教室(今後は、他の教室も増やす予定ですが)は、
これら見直しの対象にはあたらないと思われるので、
再申請の手続きをすれば、おそらく承認がおりると思っています。

が、未確定の状態であることにかわりはないので、
詳細が決まり次第、またご案内させていただくつもりです。

また、子育て応援券の対応講座については、
親子交流の時間とプログラム及びおやつタイムが設けられていますが、
『出会いと交流、きっかけづくり』という部分に更に対応するために、
この部分の比重が少し増える形になるかと思います。

なんとなく、継続が確定するまでは落ち着きませんが、
今年度は問題なく、ご利用いただけますので、
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

コメント:

そうなんですね!いわれてみると、見直す必要も然りかという感じですね。
なかなか予定通りにいかないのが世の常だな〜と
私も思っています。頑張りましょうね〜!!!

Re: タイトルなし

行政の施策に適応しながら活動するって、ムズカシイですね~
いやはや、ガンバります。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |