FC2ブログ

プロフィール

ran

Author:ran
なまえ:ran=ラン=
九州出身、東京在住の30代主婦、4歳の小僧保有??
ビルや人が多い都会の暮らしに、田舎モノのランさんは、少々お疲のもよう!?
東京での活動の様子や、木のおもちゃ・絵本などの紹介、乳幼児のココロとカラダの発達について、ランの子どもの様子などなど、ココロに写りゆくよしなしゴトを、つれづれなるままに更新予定。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


子どもの想像力って、すごいなぁ~と思います。

私たちには思いもつかないコトを、まるであたりまえのコトみたいに
自然にやってみせたりして、思わず頭の中を覗いてみたくなりマス。

111209-1.jpg
   「もしもし、ママですか~」ですって

でも、これって……

111209-2.jpg
     木のクルマなんですケド?

このクルマは、ドイツ・ベルクシュタッテレ社の「エッカー・ビートル」です。
障害のある人たちの作業所で作られているそうで、
丸みのある柔らかなフォルムが、どことなく懐かしい感じがします。
また、木をくり抜いて作られているようで、適度な重さと大きさが
ちょうど良いらしく、小僧ちゃんがもっと小さな頃から、ずっとお気に入りです。

で、このクルマですが、携帯電話のほかにもいろいろと変身します。
たとえば……


111209-4.jpg
  昔懐かしい、ボンネットバスコレです
111209-3.jpg

かぶせているのは、最初の写真にも写っている
スウェーデンが誇るミッキー社の汽車シリーズ、トンネルです


それから……

111209-6.jpg
 トレーラーを改造した機関車バスコレです
111209-5.jpg

これは、100円均一のプラスチックのカゴですね

本で見たり、実際に乗ったりしたモノを、自分なりに再現しているようです。
記憶や経験や印象などを、あそびを通して「自分のもの」にしていくんですね。
そして、経験等に裏打ちされたこの想像力こそが、
これから創造力へと発展していく、大切なカギでもあります。

もし、このクルマが名前のとおり素材も色も全てが精巧に作られたビートルだったら、
こんなふうにいろいろなものに変身することはなかったかもしれません。

私たちは、ディテールにまでこだわった本物そっくりなモノを素晴しいと思ったりします。
もちろん、そうしたおもちゃにも、良いところはたくさんありますが、
(実際、ウチにも本物そっくりに作られたおもちゃがいくつもあります
もしかしたら、それは大人の楽しみ方なのかもしれません。

精巧なおもちゃにも、ちゃんと役割があると思うし、悪くはないけど、
でもやっぱり、できればメインになるおもちゃには、
子どもに空想や想像の余地がたくさんあるおもちゃをこそ、選んであげたいと思います。

テーマ : 2歳児の日常 - ジャンル : 育児

コメント:

あそびの ひきだし

わたしも そう思います!
以前 参加したおもちゃコーディネーター養成講座でも、
「このおもちゃで 3通りのあそび方を考えなさい」という課題がだされました。

おもちゃを与える私たちには、
それくらいの柔軟な引き出しが いくつも求められるということですね♫
こどもは よい先生ですね☆

Re: あそびの ひきだし

コメントありがとうございますv-410

あそび方に“間違い”はない、という良い例ですね。

脳や心が硬直化してしまわないように、常に柔軟にあるということは

意外に難しいことですが、子どもたちを見習いつつ、ワタシも頑張りたいデスv-217

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |